夢見るオヤジの休憩所

オヤジの意見を息抜きに書いていきます!

都会で温泉を満喫! - 志楽の湯 (川崎)-


こんにちは。夢見るオヤジです。

 

今日は、川崎 矢向にある温泉「志楽の湯」に行ってきたのでご紹介したいと思います。わざわざ遠出しなくても、こんな良い温泉があるなんて新しい発見でした。

 

 

 

アクセス

 

場所は川崎駅からJR南武線 矢向駅で下車し、多摩川方面に歩いていくのですが、本当にこんな住宅地に温泉があるの?というところにあります。

住宅地で道が入りくんでいるのでスマホのマップを見ながらいくほうが良いかもしれません。50台くらいは駐車できる駐車場もありましたので、車で行くのも良いかと思います。

f:id:yumemiruoyaji:20190203093901j:plain
f:id:yumemiruoyaji:20190203093538j:plain
志楽の湯入り口 photo by yumemiruoyaji

 

なぜこんな住宅地に温泉が?

 

2002年までは半導体工場あったそうです。でも、ずーと昔に遡ると矢向は縄文の森だったそうです。工場が閉鎖された後に、もう一度、原点である縄文の森に戻してみようと思い、足元を掘ったら温泉が出てきたということだそうです。

 

どんな温泉?

 

温泉の建物は古民家風で風情ある建物です。館内も同様におちついた感じの作りになっています。館内の廊下に岡本太郎作「縄文人」というオブジェが置いてありました。

男湯、女湯ともに大浴場、露天風呂、味噌樽風呂があり、男湯にはドライサウナと水風呂、女湯にはミストサウナがあります。

露天風呂は自然の岩や石で作られており、日本一の風呂作り名人、後藤哲也さんという方が作ったものだそうです。

泉質は、ナトリウム塩化物強塩温泉ということで、確かに口に入るお湯は少ししょっぱいです。風呂上がりも温かさが長く続き、肌もスベスベになった感じがします。

土曜日の午後に行きましたが、それほど満員ということもなくゆっくり入浴ができました。また、洗い場の数も充分ありストレスなく楽しむことができました。

レンタルタオルなどもあるので手ぶらで行くことができます。

 

休憩所などは?

 

無料の休憩所があります。休憩所は真ん中に20畳くらいの座敷スペースと、その周りに椅子とテーブルが配置されてます。売店が併設されており、ドリンクやソフトクリームなどが売られています。自動販売機でもドリンクは買うことができます。

また、隣接した蕎麦レストラン「志楽亭」でも食事をすることができます。リラクゼーションスペースもあり、整体やマッサージを受けることもできます。

 

f:id:yumemiruoyaji:20190203093555j:plain
f:id:yumemiruoyaji:20190203093637j:plain
館内&休憩所 photo by yumemiruoyaji

 

まとめ

 

温泉に入ってリラックスしたいけど、遠出するんのは面倒だなという時でも、電車、車ですぐにアクセスできる「志楽の温」、思った以上に良かったです。料金的にも良心的ですのでお邪魔する頻度は高くなりそうです。

 

基本情報

縄文天然温泉 志楽の湯

〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越4-314-1

TEL 0120-650-711

営業時間  10時から24時(8月を除く毎月第三水曜日の営業時間は、15時から24時)

入館料 大人(中学生以上) 平日 970円   土日祭 1150円

    子供(5歳以上)   平日  590円 土日祭 790円

 

レンタル用品 

館内着(大人のみ)210円

タオルセット(バスタオル・フェイスタオル) 210円

バスタオル 160円

フェイスタオル 110円