夢見るオヤジの休憩所

オヤジの意見を息抜きに書いていきます!

就活;内定辞退セットに人気だそうで

headlines.yahoo.co.jp

 

この記事を読むまで、そんなものがヒットしているということを知りませんでした。

新卒にしろ、第二新卒にしろ、そりゃ採用されるかどうかわからないなかで1社だけに絞って就活もできないでしょうし、複数社の面接が同時に進むことは当たり前にあることなので、いくつも内定を受けるながら内定辞退をせざる得ない状況もあるでしょう。

丁寧に手紙を出すことで、内定辞退に対する謝罪の意をより伝えられるという考え方もあるのでしょう。でも、企業側としては手紙で郵送されてくる時間を考えれば、一日でも早く電話で伝えて欲しいと考えるのが普通かな。

企業側も断りを入れる場合は、電話だったりメールだったりするわけだし、電話で内定辞退を言われたとしても、「礼を欠いている」とはならないでしょう。記事にもありますが、メールでさらっと送付されてくると、内定辞退の理由などが聞けないので、電話は欲しいところですよね。

しかし、こういったことが記事になるということは、売り手市場だからともいえますよね。自分が就職するときは、学生部から「既にバブルははじけ企業は採用を減らすから厳しい就職活動になるので覚悟しておくように」と言われたのを思い出します。

しかし、私たちの年次は採用は減らされはしたけど、その後の卒業生たちと比べたらまだまだ厳しさはましでした。その後、かなりの期間、買い手市場が続いたわけで、その間に就活をされた人は本当に大変だったと思います。

企業の人事担当も就職希望者も、嫌な思いをしたくないし、させたくないと思うのは同じでしょうし、断る場合はどちらも誠意をもって対処することは大切かと思います。

でも、どこまでやったら良いのかわからなくなるということもあるでしょうから、あまり過剰になりすぎないようにしたほうがいいですよね。

売り手市場=景気はそこそこ(良いというほど実感は?)ということなので、この状況が悪化しないことを祈りたいです。

 

でも、中国の経済は元々停滞しているうえに、新型肺炎の問題もでてきたので、結構厳しい状況になりそうだし、その影響は世界経済にも影響するので、あまり良い雰囲気でないですね。