夢見るオヤジの休憩所

オヤジの意見を息抜きに書いていきます!

おやじ50歳、中型バイク免許への道(第一段階その7)

おやじ50歳、中型バイク免許への道(第一段階その7)


今日は第一段階11時間目、みきわめ教習を受けてきました。これまでにそれぞれの課題については、まだまだ未熟とは言えクリアできる自信はあった。一本橋を除けば!今日、一本橋を一回でも渡れなけば、更に補修の追加になってしまう。既に2時間の補修で、7000円も超過費用が発生している。

何としても一本橋を渡り切らないといけなかった。

先生に指示従い、クランク、S字、スラロームといった課題をクリアしていく、残すは急制動と一本橋!

急制動はまだ40km以下でも許して貰えるので、ここは難なくクリア。最後の一本橋。

半クラから勢いを付けて前輪が段差を乗り越える。よし、フラつきは少ない。後輪も段を超えた。あとは落ちずに渡り切るだけ。

先生から言われたハンドルふりふりを繰り返し、タイムは関係ない、渡り切ればok!

前輪が段差を降り、後輪は若干端のほうから

降りたがギリギリセーフ。

何とか乗り越えた!

この後、もう一度、急制動から一本橋に挑むも、前輪が乗った瞬間にフラつきは失敗。

そして教習時間が終了。

教官室に帰って、先生から「一回渡れたから見極め合格です」のお言葉を貰い自然とニヤついてしまった。

ああ、しかしこの状態では一発勝負の卒検で一本橋は絶対失敗しそう。今日の感じでは第二段階の間に改善できる気もしないよ〜。