夢見るオヤジの休憩所

オヤジの意見を息抜きに書いていきます!

自動二輪免許手続き(免許センター)

ギリギリの点数でしたが卒業検定に合格し教習所を卒業できましたので、今日は免許手続きのために免許センターに行ってきました。


受付は8:30から9:00ということで少し前に着くように行きました。年末の最終日なので混雑してるかなとは思ってましたが、予想通りの混雑ぶり。証紙を買うのに、今からビッグサンダーマウンテンに乗るのか?と思うほどの行列に少しゲンナリ。原付や車の免許の学科試験を受ける10-20代くらいの若い人が7-8割くらいかな。


ようやく証紙は買えました。受験料1750円、免許交付手数料が2050円の合計3800円。

ざっくり3000人として1140万円。20日で約2.2億円。この費用だけで年間約25億円の収入。凄い既得権益ですね。詳しく調べてませんが、職員の方の人件費などは税金が使われてるわけですから、この収入は県の利益になると言う事ですかね。税金も払って手数料も払って、何重もお金を払うことになってるような。


証紙を買った後も申請書受付の行列に並びます。ここでも30分以上は掛かります。

受付の方は忙しく働いておられるので、あまり変なことは言うべきじゃないですね。すいません。

その後、視力検査後、その後の手続きを待ちます。10:15頃まで待てとのこと。その前に登録カードを発行しておくようにと言う事だったので、登録カードを発行し待合室で待ちます。ここも結構な密!学科免除者だけなのだが、2、3百人はいるか?

今日は混んでるとの事で少し早いが手配できた方から順次進めていくということで第一陣の名前呼び上げられていく。残念ながら第一陣には入っていない。この後に写真を撮り、交付申請に向かう模様。

しかし、この人数で写真撮って、免許交付してたら、あと何時間掛かるんや。


更に30分程経ち、第二陣の番となった。第三陣の人はもう少し待って下さいとのこと。あ~第二陣で読んで下さいと思ってたら、何とか第二陣で名前を呼ばれた。そして写真撮影に向かいます。

驚いた事に写真撮影は物凄く機械的でスピードが凄い。あれよあれよという間に自分の順番となり、あっという間に撮影終了。交付引換証を渡され、免許交付場所で待機とのこと。この時点で11:15になっている。


待ちに待った免許が出来上がった。係の人が一人一人確認しての手渡し。ここでも時間が掛かったが、古い免許と交換でようやく新しい免許を手にした。普自二に印も入ってる。

結局、教習所の初日から約2.5ヶ月掛かった。オリジナルのスケジュールからは半月遅れ。第一段階の一本橋は本当に乗る事が出来なかった、その時の心境としては「教習期間の10ヶ月を丸々使うんじゃないだろうか」と思ってたくらいなので、まあ半月遅れは上出来かな?

次はバイク選びだよ。ワクワクするわ。

でも奥さんの説得もしないといけない。^_^